コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熟し コナシ

デジタル大辞泉の解説

こなし【熟し】

こなすこと。
物を取り扱うこと。処理すること。運用。「着熟し
からだの動かしかた。「身の熟し
歌舞伎の舞台で、俳優がせりふなしで演じるしぐさ。「花道で思い入れの熟しがあって」
遊里で、その場その場をうまく取りさばいていくこと。客あしらい。
「あるじ当道に馴れて―よければ」〈色道大鏡・一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

熟しの関連キーワードレッドカラント宿存萼・宿存蕚チリペッパーフェイジョア穎果・頴果マスカットミニトマト白花の蛇苺レンズ豆蔓胡頽子実が入るなまり節熟柿主義胡椒の木チポトレ鳴門蜜柑熨斗梅桜ん坊秋茱萸青瓢箪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熟しの関連情報