ホウライカズラ(英語表記)Gardneria nutans Sieb.et Zucc.

世界大百科事典 第2版の解説

ホウライカズラ【Gardneria nutans Sieb.et Zucc.】

マチン科の常緑つる性木本植物(イラスト)。緑色無毛の茎に葉を対生する。葉は1cmほどの葉柄があり,卵形から長楕円形で,両端はとがり全縁,長さ10cmたらずで無毛。花は夏,葉腋(ようえき)から出る花梗に1~2個つけ,ぶら下がる。花冠は5深裂,少し黄色をおびた白色果実は紅熟し,球形で径1~1.5cmほど。本州中部以南,四国,九州,南西諸島の温暖な地域に分布する。斑入葉の園芸品種が知られ,まれに栽植されることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウライカズラ
ほうらいかずら / 蓬莱葛
[学]Gardneria nutans Sieb. et Zucc.

フジウツギ科の常緑藤本(とうほん)(つる植物)。茎は他物に絡まる。葉は対生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~10センチメートル、両端はとがり、全縁で革質。7月、葉腋(ようえき)に白色花を1~3個下向きに開く。花冠は深く5裂し、裂片は反り返る。雄しべは5本で、短毛を密生する。果実は球形の液果で、径約1センチメートル、10~11月に赤く熟す。常緑樹林内に生え、千葉県以西の本州から沖縄に分布する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android