コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウラーニー al‐Ḥawrānī

世界大百科事典 第2版の解説

ホウラーニー【al‐Ḥawrānī】

1911‐1996
シリア政治家。法律を学び,1941年のイラクの反英運動,48年のパレスティナ戦争(第1次中東戦争)に参加する。その後故郷ハマーを中心に農地改革を主唱した。また,1943年以来61年まで連続して議員に当選した。1949年に農相,49‐50年に国防相となる。50年アラブ社会党を設立し,のちバース党と合併した。57年に下院の議長,エジプトとの統合期の58‐59年に副大統領兼法相となる。63年のクーデタ後逮捕され,レバノンに移住,シリアの現体制への批判的勢力の結集を試みた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ホウラーニー
Hawrānī


1914 -
シリアの政治家。
元・シリア副大統領。
ハマー生まれ。
シリアの政治家で、1948年パレスティナ戦争に参加し、その後農地改革を提唱。’43年より18年間国会議員として活躍。’49年農相を経て、’49〜50年国防相を務め、’50年にはアラブ社会党を結成した(後にバース党と合併した)。’57年下院議長となった後、’58年より1年間は副大統領と法相を兼務した。’63年のクーデターで逮捕され、レバノンに移住する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

世界大百科事典内のホウラーニーの言及

【バース党】より

…彼らは民族的独立を目的とした従来のアラブ・ナショナリズムに対しさらに急進的な社会的闘争の目標を掲げた。47年党として正式に発足し,さらに53年ホウラーニーの率いるアラブ社会党と合併してアラブ復興社会党となった。党組織はイラク,ヨルダン,レバノン,スーダン,南イエメンなどに拡大し,機構としては,これら各国レベルの組織を統括する地域指導部と,これら地域指導部を全体として統括するパン・アラブ指導部が設置された。…

※「ホウラーニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホウラーニーの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門牧野省三岩井俊二長田弘黒沢清小松左京辻邦生セビアン グローバー[各個指定]芸能部門運転注意力モニタ MDAS