コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウ酸中毒 ホウさんちゅうどくboric acid poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウ酸中毒
ホウさんちゅうどく
boric acid poisoning

ホウ酸は非常に弱い殺菌剤であるが,まれに中毒を起すことがあり,乳児で2~3g,成人で 15gを経口的に摂取すると死亡する。急性中毒では吐き気,嘔吐,胃痛,下痢などの症状が現れ,大量では重い虚脱感,粘膜出血をきたし,ついには昏睡に陥って死亡する。慢性中毒では下痢,やせ,貧血,食欲不振,脱毛,悪液質に陥り,昏睡や錯乱をきたす。急性中毒に対しては,ただちに胃洗浄,下剤の投与,生理食塩水の点滴静注などを行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報