ホウ酸(読み)ホウさん(英語表記)boric acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウ酸
ホウさん
boric acid

酸化ホウ素 B2O3 が水和して生ずるオキソ酸。オルトホウ酸,メタホウ酸,四ホウ酸などが知られている。このうち単にホウ酸といううときはオルトホウ酸 H3BO3 をさす。無色,無臭の透明な結晶,あるいは白色塊状ないし粉末状物質。さわるとなめらかな触感がある。加熱すると 100~105℃で水1分子を失い,140~160℃でピロホウ酸に,さらに高温に加熱すると無水物になる。弱酸で 0.1mol濃度の水溶液の pHは 5.1である。水,アルコール,グリセリンに可溶。アルコール溶液に点火すると緑色の炎を出して燃えるので,この反応をホウ素の検出に利用する。水溶液は消毒剤に用いられる。ガラス,ほうろうなどの窯業材料,化粧品,写真,染色,鉄鋼材料などに広く利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ホウ酸

 BH3O3 (mw61.83).H3BO3

 静菌作用があるが食品には使用が許可されていない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウ酸
ほうさん
boric acid

ホウ酸というときは、通常オルトホウ酸B(OH)3をさすが、その他メタホウ酸HBO2、通称で次ホウ酸B2(OH)4などのように各種のポリホウ酸などを含めて、ホウ酸ということがある。オルトホウ酸は火山ガス・噴気、ある種の鉱泉水に含まれる。天然産のホウ酸塩(ホウ砂(しゃ))の水溶液に硫酸を加えると、溶解度の小さいホウ酸が析出する。
  Na2B4O7+H2SO4+5H2O
   ―→Na2SO4+4H3BO3
 光沢のある無色のうろこ状結晶。融点170.9℃、比重1.48。溶解度水4.17%(15℃)、4.65%(20℃)。水溶液は弱い一塩基酸。H3BO3のように書かれるが、三塩基酸ではなくて一塩基酸である。
  B(OH)3+2H2O
   ―→H3O++B(OH)4-
 水溶液は弱酸性(4%溶液でpH3.9)を示し、弱い殺菌力をもつ。アルコールにも溶ける。エーテルには溶けない。エチルエステルに点火すると緑色の炎をあげる。また、塩酸溶液はクルクマ紙(クルクミンC21H20O6を吸収、乾燥させた試験紙)を赤変させる。結晶を熱すると水を失ってメタホウ酸HBO2(100℃)、四ホウ酸H2B4O7(140℃、40時間)を経て300℃で酸化ホウ素となる。ホウ酸はホウケイ酸ガラス、うわぐすり(ほうろう)、防腐消毒剤、顔料、化粧品などの原料となる。多量に吸収されると危険で、大人約20グラム、小児5グラムを致死量とする。[守永健一・中原勝儼]

医薬面

殺菌・防腐剤で、天然ホウ砂より精製してつくる。無色または白色の結晶あるいは結晶性粉末で、においはなく、わずかに特異な味がある。弱い殺菌力をもつ。かつては比較的毒性が少ないものとして肉類や油類の防腐剤に用いられたことがあるが、この摂取によって消化管障害や発疹(ほっしん)がおき、さらに中毒により死亡例もおきたことから、現在では食品の防腐剤としては使用は禁止されている。医薬用としては、うがいや鼻腔(びくう)、腟(ちつ)の洗浄用に1~2%水溶液が、また洗眼用に2%水溶液が用いられていた。皮膚病や外傷に対しても5~10%軟膏(なんこう)が用いられていたが、火傷など損傷を受けた皮膚や粘膜から吸収されて中毒をおこした例もあり、日本薬局方からホウ酸およびホウ砂の製剤は、すべて削除された。現在では、洗眼薬としてわずかに使用されているにすぎない。なお、ホウ酸による中毒症状は、発疹、急性胃腸炎、血圧降下、けいれん、ショックなどである。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホウ酸の関連情報