コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホカケトカゲ ホカケトカゲHydrosaurus amboinensis; sail-tailed lizard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホカケトカゲ
Hydrosaurus amboinensis; sail-tailed lizard

トカゲ目キノボリトカゲ科。体長 1mに達する大型のトカゲ。体は褐色で,不規則な暗色斑をもつ。頸部から胴の背面にかけて,正中線上にたてがみ状の鱗が並び,胴の後方から尾の前半部にかけて椎骨の背突起に支えられた大きい帆がある。これらのたてがみや帆は,雌では雄のものよりも小さい。インドネシアからニューギニアにかけて分布し,常に水辺にいて敵が近づくとすぐ水中に逃れる。また,産卵も水辺で行う。雑食性であるが植物をよく食べ,そのため木によく登る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホカケトカゲ
ほかけとかげ
water lizard

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目アガマ科ホカケトカゲ属に含まれるトカゲの総称。この属Hydrosaurusの仲間は、フィリピン、スラウェシ島、ハルマヘラ島、ニューギニア島に分布する。全長80~100センチメートルに達し、尾はその約3分の2を占める。全身が細鱗に覆われ、頸部(けいぶ)と胴の背中線上には小さな棘(とげ)状の飾り鱗(うろこ)が並び、雄の尾の前半部には尾椎(びつい)骨の棘状突起に支えられた帆のような飾り鱗が発達する。このような飾りは、雄がディスプレーのとき、体を大きくみせるのに役だつと考えられる。フィリピンホカケトカゲH. pustulatus、アンボイナホカケトカゲH. amboinensisなどが知られ、森林の水辺の樹上にいることが多い。驚くとすぐに水中に飛び込んで隠れる。餌(えさ)は植物質や昆虫類である。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホカケトカゲの関連キーワードアガマ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android