コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホザキノフサモ

百科事典マイペディアの解説

ホザキノフサモ

キンギョモ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホザキノフサモ
ほざきのふさも / 穂咲房藻
[学]Myriophyllum spicatum L.

アリノトウグサ科の水生多年草。キンギョモ(金魚藻)ともいう。茎は長く伸びて分枝する。葉は4枚ずつ輪生し、長さ2~3.5センチメートル、羽状に細裂する。5~10月、長さ3~8センチメートルの穂状花序を水上に出し、各節に花を4個開く。雄花は花序の上部につき、花弁は4枚、雄しべは8本、葯(やく)は1.5ミリメートルで黄色く、花糸は糸状。雌花は花序の下部につき、花弁は4枚、子房は下位で萼筒(がくとう)は鐘形。果実はほぼ球形で長さ2.5ミリメートル、4分果に分かれる。池沼に生え、北海道から九州、および北半球に広く分布する。全体がフサモによく似ているが、フサモは、花が葉腋(ようえき)につくので区別される。名は、水上に穂状花序を出して花を開くようすからいう。キンギョモはよく金魚鉢に入れるのでいうが、マツモ科のマツモやスイレン科のハゴロモモも俗にキンギョモとよぶことがある。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホザキノフサモの言及

【キンギョモ】より

…細かく切れこんだ葉を輪生状につけるアリノトウグサ科の水草。別名ホザキノフサモ。一般にはマツモ科の水草マツモをキンギョモと呼ぶことが多いが,これは完全な沈水性の水草で根がないので,根があり茎の上部が水面上に出て花序をつけるフサモ類とは,花がなくても区別できる。…

※「ホザキノフサモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホザキノフサモの関連キーワードキンギョモ(金魚藻)マツモ(沈水植物)フサモ(総藻)孔雀藻

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android