コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシダ Thelypteris acuminata (Houtt.) Morton

2件 の用語解説(ホシダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホシダ【Thelypteris acuminata (Houtt.) Morton】

暖地の山野,路傍にしばしば群生するシダ植物ヒメシダ科の常緑性草本。根茎は長く横走し,葉をまばらにつける。葉は高さ1mに近づくことがあり,葉面は単羽状で羽片が浅~中裂,下部の羽片が多少短くなることがある。羽片は鎌形になることがあり,長さ15cm,幅1.3cmくらい。裂片の小脈は7~9対,単生,最下の小脈は相接する裂片の最下の葉脈と連結して網状脈をつくる。この型の脈はヒメシダ科の網状脈に特徴的で,四角形状の網目をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホシダ
ほしだ / 穂羊歯
[学]Cyclosorus acuminatus (Houtt.) Nakai

オシダ科の常緑性シダ。根茎は長くはい、1回羽状複葉をまばらにつける。葉は全体に細かい毛をもつ。葉の頂羽片は披針(ひしん)形で目だち、他の羽片はやや堅い草質で、浅裂または中裂。隣り合う2裂片の最下部の葉脈が連結して、三角形の網目をつくる。胞子嚢(のう)群は辺縁寄りに丸く生ずるが、成熟すると一列につながってみえる。包膜は円腎(えんじん)形で毛がある。関東地方以西の暖地に多く、野山の比較的明るい所に群生する。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホシダの関連キーワード暫ししばしばしばしば目多羅葉力芝柴刈印旗チャタテムシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホシダの関連情報