コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ

1件 の用語解説(ホスファチジルイノシトール3-キナーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ホスファチジルイノシトール3キナーゼ

 [EC2.7.1.137].PI3kと略す.ATPを一つの基質にして,ホスファチジルイノシトール(4,5-ビスリン酸)の3位のヒドロキシル基リン酸エステルにする反応を触媒する酵素.細胞内信号伝達系の因子の一つ.PDGF受容体やインスリンレセプターリガンドと結合して活性化されると,他の因子,例えばインスリンレセプター基質などとともに複合体を形成し,信号伝達に寄与する.p110とよばれる触媒サブユニットとp85とよばれる調節サブユニットで構成されているヘテロダイマーで,p85はSHドメインという領域をもち,この領域が結合相手のチロシンリン酸と結合するとされる.触媒活性ワートマンニンで阻害される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホスファチジルイノシトール3-キナーゼの関連キーワードアセチルCoAアシルトランスフエラーゼガラクトキナーゼコリンキナーゼPI3Kピルビン酸キナーゼホスホフルクトキナーゼUTPグルコース-1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone