コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソカタムシ Colydiidae; cylindrical bark beetle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホソカタムシ
Colydiidae; cylindrical bark beetle

鞘翅目ホソカタムシ科に属する昆虫総称体長2~3mmの小型種が多く,10mmをこえるものはまれである。体は一般に細長く,体側は多少とも平行な種が多い。体は黄褐,灰褐,または黒褐色で,鱗片彫刻のため光沢を欠くものが普通である。肢は短く,跗節は4節。幼虫は細長く,樹皮下や他の樹木穿孔性甲虫の孔道内などにみられる。成虫は樹皮下や朽ち木,キノコなどに集る。おもに世界の熱帯 1400種,日本に約 30種が分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホソカタムシ
ほそかたむし / 細堅虫

昆虫綱甲虫目ホソカタムシ科Colydiidaeの昆虫の総称。世界各地に分布するが、熱帯域に多く、またニュージーランドに多い。約1300種が知られており、日本からも約35種が記録されている。体長2~18ミリぐらいの小形から中形の甲虫で、堅固な体のものが多く、細長い種が多いが卵形に近いものもある。触角は先の二節、ときに三節が広がり、脚(あし)(ふせつ)は四節か、ときに三節である。樹皮下、朽ち木などにすみ、菌糸や植物の分解物を食べるが、キクイムシを孔道で捕食するもの、アリの巣にいるものなどもある。近年、この科に含まれていた一部の小形種がカクホソカタムシ科Cerylonidaeとして分離されており、日本産は約15種。卵形ないし長方形でやや平たいものが多い。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホソカタムシの関連キーワード艶長扁細堅虫錆斑大細固虫艶消姫細硬虫キノコムシキクイムシ扁細硬虫鋸細堅虫斑細堅虫細硬虫細堅虫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android