コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソヌタウナギ ホソヌタウナギMyxine garmani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホソヌタウナギ
Myxine garmani

ヌタウナギヌタウナギ科海水魚。旧名メクラウナギ。全長約 50cm。体はウナギ形。外鰓孔 (がいさいこう) は1対あり,左側のほうが大きい。体は青紫色。深海性で相模湾などから得られるが,採集されることはまれである。雄性先熟性転換をする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ホソヌタウナギ

ヌタウナギ目ヌタウナギ科。旧名メクラウナギ。全長50cm,眼は退化し皮下に埋もれて外からは見えない。両側の腹方に粘液腺の開孔が並び,ひれは尾びれがあるのみ。一見ウナギに似るががない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ホソヌタウナギの関連キーワードインスリン受容体ウナギ(鰻)ヌタウナギ沼田鰻半規管魚類前腎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android