ホソヘリカメムシ(英語表記)Riptortus clavatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホソヘリカメムシ
Riptortus clavatus

半翅目異翅亜目ホソヘリカメムシ科。体長 16mm内外。体は細長く,雄では黒褐色,雌では赤褐色。後肢腿節は太く長く,内側に小歯が並ぶ。複眼は小さいが突出する。前胸背は頭部よりやや広く,後側角は鋭くとがる。腹部背面には黄と黒の斑紋があり,翅を広げて飛ぶとアシナガバチに似る。また,幼虫はアリによく似ている。ダイズ,アズキなどの農作物の害虫として知られ,北海道,本州,四国,九州,琉球列島,朝鮮,中国に分布している。ホソヘリカメムシ科 Alydidaeは,ヘリカメムシ科 Coreidaeに近い。 (→異翅類 , 半翅類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホソヘリカメムシ
ほそへりかめむし / 細縁椿象・細縁亀虫
[学]Riptortus clavatus

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目クモヘリカメムシ科に属する昆虫。体長14~17ミリ、体は細長く、全体はほぼ黒褐色で、雄の腹部背面には黄色と黒色の斑紋(はんもん)があり、そのために飛ぶと一見アシナガバチのようにみえる。また、幼虫はアリによく似ている。エンドウ、インゲン、ダイズなどマメ科植物に寄生し、害を与える。成虫態で越冬し、年2、3世代を送る。日本全土のほか、朝鮮半島、中国、台湾などに分布する。[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android