コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッキョクセミクジラ Balaena mysticetus; bowhead whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホッキョクセミクジラ
Balaena mysticetus; bowhead whale

クジラ目ヒゲクジラ亜目セミクジラ科ホッキョクセミクジラ属。ホッキョククジラとも呼ばれる。体長は雄約 18m,雌約 20m。推定体重 75~100t。出生体長4~4.5m。体色はほぼ全身黒色であるが,下顎の先は白色で,ここに暗灰色あるいは黒色の小斑点が列在することがある。上顎は細いアーチ形,下顎上縁は弓状を呈し,口角のすぐ上に目がある。尾柄部に明灰色あるいは白色の帯がある。帯は成長に伴って延長する傾向があり,尾鰭 (おびれ) が完全に白色を呈している老成個体もいる。体型は肥満型であるが,頸部ははっきりしている。頭部は大きく体の3分の1をこえる。噴気孔付近は筋肉が著しく隆起する。噴気孔は2個で,セミクジラに比べ間隔が狭く,噴気は明瞭なV字型を呈する。背部は背鰭がなく,非常に幅が広い。胸鰭は先端が丸く,尾鰭は幅が広く後縁はなめらかである。くじらひげは口内の上顎上面に片側で 250~350枚あり,長さ 5.2mに達する。くじらひげの板状部は暗灰色あるいは茶黒色で,繊毛部は板状部より淡色。口の正面から海水を取込みくじらひげでこし取るようにして,おもに浮遊性甲殻類のカラヌス類を捕食する。出産期は春で,生息域で繁殖する。北極海をはじめ,亜極域のベーリング海,ボーフォート海,チュクチ海,オホーツク海の氷縁域に分布。遊泳速度が遅く,比較的動作が緩慢である。鯨油採取を目的に乱獲され現存数が激減。イヌイットにより先住民捕鯨が行われている。絶滅危惧種。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android