コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッグジカ hog deer

世界大百科事典 第2版の解説

ホッグジカ【hog deer】

偶蹄目シカ科の哺乳類イラスト)。胴が長くて背が丸く,四肢が短い,イノシシにやや似たアジア産の中型のシカの1種。体の毛はなめらかで褐色ないし黒褐色。首にはシカにあるようなたてがみ状の長い毛はない。雄には,長さ59cm以下の比較的短い枝角がある。体長105~115cm,肩高60~75cm,尾長約20cm,体重50kg前後。インド北部からミャンマー,タイ,インドネシアなどに分布スリランカオーストラリアには移入され,野生化している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホッグジカ
ほっぐじか
hog deer
[学]Cervus porcinus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。インド北部、ミャンマー(ビルマ)、タイ、インドシナ半島などに分布する中形のシカで、4亜種がある。体長105~115センチメートル、肩高60~75センチメートル、体重45~50キログラムに達する。体長のわりに肩高が低くてややずんぐりし、ブタに似た感じを与える。毛色は褐色で、夏毛では淡い白斑(はん)が出る。林縁部の草むらを好み、大きな群れはつくらず、単独か、つがい、小群で暮らしている。雄には3枝の角(つの)があり、長いものは50センチメートルに達する。本種はヨーロッパの公園にも導入されているが、発情期になると雄はとても荒く攻撃的になる。妊娠期間は220~235日。1産1子、ときに2子を産む。寿命は12~17年ほどである。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホッグジカの関連キーワード増井光子

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android