コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホトトギス(杜鵑/不如帰) ホトトギス

百科事典マイペディアの解説

ホトトギス(杜鵑/不如帰)【ホトトギス】

ホトトギス科の鳥。翼長16cm,尾羽は長く13cmほど。背面は石盤灰色で腹面が白く,暗褐色の横斑が並ぶ。中国,ヒマラヤスマトラボルネオスンダ列島等に分布。日本には夏鳥として全国に渡来し,低地〜山地の林に単独で生活。渡りのときは市街地にも姿を現し,〈テッペンカケタカ〉と聞こえる声で繰り返し鳴く。チョウやガの幼虫を主食。自分ではを作らず,おもにウグイスの巣に托卵する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ホトトギス(杜鵑/不如帰)の関連キーワード生痕化石イイズナオイカワキュウカンチョウ(九官鳥)キョウジョシギコウライウグイススイジガイ水上スキーダチョウ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android