コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガネザル Tarsius; tarsier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガネザル
Tarsius; tarsier

霊長目メガネザル科メガネザル属に属する動物の総称。体長8~15cm。尾は長く,体長の約2倍の長さがある。後肢が非常に長く,跳躍するのに適している。指先はアマガエルのように吸盤状に平たくなっている。扁爪 (ひらづめ) をもつが,足の第2,3指の爪は鉤爪になっている。眼はきわめて大きい。また頭を 180°回転させて直接後方を見ることができる。夜行性で,昆虫類カタツムリ,小型爬虫類などを捕食する。3種から成り,セレベスメガネザル T. spectrumのほか2種がフィリピンスラウェシ島ボルネオ島,スマトラ島南東部にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メガネザル

霊長目メガネザル科の原猿3種フィリピンメガネザル,ニシメガネザル,スラウェシメガネザルの総称。頭胴長11〜14cm,尾20〜26cm。目が非常に大きく,後肢が発達する。
→関連項目サル(猿)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メガネザル
めがねざる
tarsier

哺乳(ほにゅう)綱霊長目メガネザル科に属する動物の総称。この科Tarsiidaeの原猿はタルシアともよばれ、1属3種に分類される。頭胴長10~15センチメートル、尾は中途まで無毛で先端部に房毛があり、長さは15~25センチメートルある。顔は平面的で、前方を向いた非常に大きな目をもつ。耳介は膜質で大きく、自由に動く。頸(くび)もよく回り、頭を真後ろに向けることができる。後肢は前肢より長く、とくに足首部が著しく長い。すべての指の先端に吸盤状の膨らみがあり、後肢の第2・第3指のつめは鋭くとがる。眼窩(がんか)の骨壁がよく発達し、真猿に近い状態を示す。歯式は

で計34本。夜行性樹上生活者で、体軸を垂直に保って細い幹にしがみついた姿勢から、2メートル近くもの樹間跳躍をする。昼間は枝につかまったまま体を縮めて眠る。おもに昆虫やクモ、小形爬虫(はちゅう)類を好むが雑食性。単独で行動するが、同性間の行動域は重ならず、異性間は大幅に重複する。また、ときどき雌雄がいっしょにいるので、繁殖システムはペア型とみなせる。種間の違いは小さく、フィリピンメガネザルTarsius syrichataはフィリピン南部の島嶼(とうしょ)にすみ、ボルネオメガネザルT. bancanusはスマトラ、ボルネオ、バンカなどの各島から記録されている。セレベスメガネザルT. spectrumは分布の南東部を占め、スラウェシ島などに生息する。[上原重男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メガネザルの関連キーワードダヌムバレー自然保護区メガネザル(眼鏡猿)スラウェシバラット州第三紀霊長類パラピテクスゴロンタロ州夜行性動物化石霊長類タルシアキース霊長類平づめ東洋区眼鏡猿眼鏡猴原猿類サル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android