コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イイズナ

百科事典マイペディアの解説

イイズナ

エゾイタチとも。食肉目中最小でイタチ科に属する。雄は体長16cm,尾2.5cmほど。雌はやや小型。北米,ユーラシアの北部に広く分布。日本では北海道と青森県,山形県に産する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イイズナ【weasel】

おもにネズミ類を捕食する食肉目中最小のイタチ科の哺乳類(イラスト)。イタチに似るが,はるかに小さく,尾はごく短い。きゃしゃで優美な姿をもつ。日本(北海道と青森,山形など本州北部)を含むユーラシア,北アメリカアフリカに分布する。体長13.7~25.5cm,尾長1.6~3.5cm。体色は背側が茶色,腹側が白色で,その境界は不明りょう。尾は先端まで茶色,日本など分布域の北部および山地にすむ個体は,冬には全身白色化する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イイズナ
いいずな
least weasel
[学]Mustela nivalis

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イタチ科の動物。北アフリカと西ヨーロッパからアジア北東部に分布し、日本では北海道と東北地方および中部地方の高山にいる。コエゾイタチともいわれる。北アメリカ産のアメリカイイズナM. rixosaも同種にまとめる学者もいる。体長15~20センチメートル、尾長2~3センチメートル、体重10グラムほどで、食肉目のなかでもっとも小さい。夏毛は背面が黒褐色で腹面は純白、冬毛は全身白色となる。主食はネズミ類で、体が小さいためにネズミの穴に自由に入り込むことができる。そのほかカエル、ヘビなども捕食し、ウサギも攻撃するので、これらの天敵として重要である。ネズミが多い場所なら森林、草原を問わず生息し、人家の近くにも姿を現す。交尾、出産は春から夏の間で、年2回以上の出産もあるといわれる。1回の産子数は3~9頭。毛皮は質が劣り、小さいので利用されない。[朝日 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イイズナの関連キーワードレッドデータブックコエゾイタチ小蝦夷鼬鼠オコジョ朝日冬毛夏毛飯綱