コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンダ列島 スンダレットウ

3件 の用語解説(スンダ列島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スンダ‐れっとう〔‐レツタウ〕【スンダ列島】

Sunda Islandsマレー諸島のうち、インドネシアの主要部をなす列島。スマトラジャワボルネオスラウェシとその周辺の島々からなる大スンダ列島と、バリ島からティモール島までの小スンダ列島とに分かれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スンダれっとう【スンダ列島】

インドネシアの主要部分をなす列島。スマトラ・ジャワ・カリマンタン・スラウェシから成る大スンダ列島と、バリ以東ティモールに至る小島から成る小スンダ列島の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スンダ列島
すんだれっとう
Sunda Isles

インドネシアの主要部をなす列島。一般にスマトラ島ジャワ島ボルネオ島スラウェシ島などの大島からなる大スンダ列島と、バリ島からチモール島までの比較的小島からなる小スンダ列島に分かれる。面積141万8000平方キロメートル。アルプス造山帯環太平洋造山帯が接触するため多数の火山が点在する。現在活動中のものは112を数える。しかし、スマトラ島の北東部の低地からボルネオ島にかけては火山は存在しない。ジャワ島、バリ島はよく耕地化された人口稠密(ちゅうみつ)な地域である。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスンダ列島の言及

【インドネシア】より

…これに対しサフール海棚はニューギニアとともにオーストラリア大陸と連接し,浅いアラフラ海を形成する。そしてこの二つの海棚間に第三紀の強い造山運動によってスンダ山系を生じ,スマトラ島から東へ連なる大小スンダ列島を生じた。これは遠くヒマラヤ造山帯に連なる山系で,激しい火山活動を伴い,世界的な火山地帯となっている。…

※「スンダ列島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スンダ列島の関連キーワードインド綿インド赤ウインドマインド蘭領インドインドアーリア語インド黄カインドハンドインハンド東インド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スンダ列島の関連情報