コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホマトロピン ホマトロピン homatropin

2件 の用語解説(ホマトロピンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホマトロピン
ホマトロピン
homatropin

アトロピンの構造のうち,トロパ酸の部分をマンデル酸に置換したもの。臭化水素酸ホマトロピンは半合成のアトロピン代用薬である。臨床には 1.0%溶液が用いられる。作用時間がきわめて短く,30分で散瞳が最大となり,回復に約6時間を要する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ホマトロピン【homatropine】

アトロピンなどと類似の化学構造で、副交感神経遮断作用を有する薬物。散瞳作用がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホマトロピンの関連キーワードソマトトロピンウロトロピンヘリオトロピンサイロトロピンチロトロピンプロパジエンじゅう(絨)毛性ゴナドトロピン硫酸アトロピンルトロピンアトロピン様薬

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホマトロピンの関連情報