コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモリシス homolysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホモリシス
homolysis

共有結合が切断して反応が進行していくとき,結合していた共有電子対が1個ずつ分れてそれぞれの原子あるいは原子団に残るような場合をホモリシスという。ここで生じたものはラジカル (遊離基 ) であり,この過程を経て起る反応をラジカル反応という。気相反応は多くこの過程を通る。また熱あるいは光による環化,重合などにもこの過程がしばしば生じる。 (→ヘテロリシス )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のホモリシスの言及

【遊離基】より

…遊離基は次のような方法で発生させることができる。(a)熱分解,光分解,放射線分解などの方法で化学結合を切断する(ホモリシスhomolysis)。(C6H5)3CC(C6H5)3―→2(C6H5)3C・  ……(1) (CH3)4Pb―→4CH3・+Pb  ……(2) (C6H5COO)2―→2C6H5COO・  ……(3)  (b)他の遊離基の分解,転位,付加,誘発など二次的反応により生成させる。…

※「ホモリシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホモリシスの関連キーワード有機化学反応

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android