コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモリシス ホモリシス homolysis

1件 の用語解説(ホモリシスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホモリシス
ホモリシス
homolysis

共有結合が切断して反応が進行していくとき,結合していた共有電子対が1個ずつ分れてそれぞれの原子あるいは原子団に残るような場合をホモリシスという。ここで生じたものはラジカル (遊離基 ) であり,この過程を経て起る反応をラジカル反応という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホモリシスの言及

【遊離基】より

…遊離基は次のような方法で発生させることができる。(a)熱分解,光分解,放射線分解などの方法で化学結合を切断する(ホモリシスhomolysis)。(C6H5)3CC(C6H5)3―→2(C6H5)3C・  ……(1) (CH3)4Pb―→4CH3・+Pb  ……(2) (C6H5COO)2―→2C6H5COO・  ……(3)  (b)他の遊離基の分解,転位,付加,誘発など二次的反応により生成させる。…

※「ホモリシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホモリシスの関連キーワード共有結合結晶効果の法則σ結合連鎖反応三重結合共有結晶インヒビター酵素-基質複合体共有結合半径共有結合理論

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone