コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホリーヘッド Holyhead

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホリーヘッド
Holyhead

イギリスウェールズ北西部,アングルシー島の西岸沖に位置するホーリー島の北岸にある港町ウェールズ語では Caergybi。行政区分上はアングルシー島(単一自治体)に属する。18世紀には漁港であったが,1801年アイルランドとの交易港となったのち,1815~19年にイングランドシュルーズベリーから幹線道路が通じて発展し始め,のちチェスターからの鉄道も通じた。港は 1873年改良され,1880年には拡大され,ダブリン南郊のドゥンリアラとの間に定期航路が開かれている。先史時代やローマ時代の遺跡に富み,ホリーヘッド山(220m)にはローマ軍の城塞があった。人口 1万1237(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ホリーヘッド(Holyhead)

英国ウェールズ北西部、ホリー島の港町。アイルランド島とは定期航路で結ばれ、玄関口として知られる。町の中心に古代ローマ時代の砦に起源する6世紀創建のセントキビ教会がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ホリーヘッドの関連キーワードアイリッシュ海ダンレアリーメナイ海峡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android