コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロン ホロン holon

翻訳|holon

3件 の用語解説(ホロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホロン(holon)

《〈ギリシャ〉holosから》部分でありながら全体としての機能・性質をもち、全体と調和して機能する単位。生物における器官など。1967年にA=ケストラーが提唱。全体子。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ホロン

正式社名「株式会社ホロン」。英文社名「HOLON CO., LTD.」。精密機器製造業。昭和60年(1985)設立。本社は埼玉県所沢市南永井産業機械製造会社。半導体の回路寸法を電子ビームで測定する微小寸法測定装置を製造。シェアトップクラス。主力はマスク用測定装置。ウエハー用も手がける。JASDAQ上場。証券コード7748。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ホロン【holon】

〔ギリシャ語のholos(全体)から〕
部分として全体の構成に関与すると同時に、それぞれが一つの全体的・自律的まとまりをもつような単位。たとえば、生物に対する器官、器官に対する細胞のような単位をいう。科学の要素還元主義を批判して、イギリスの作家ケストラーが提唱。全体子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホロンの言及

【ケストラー】より

…その後,《夢遊病者》(1959),《創造活動の理論》(1964)などで科学史・科学論の分野に進出,従来の要素還元主義的な科学のパラダイムを厳しく批判(《機械の中の幽霊》(1968)や《還元主義を超えて》(編,1969))。全体子(ホロンholon)という概念を提案して,新しい全体論を唱えるとともに,《偶然の本質》(1972),《サンバガエルの謎》(1973)などで,いわゆるニュー・エージ・サイエンスのきっかけをつくった。その全体論は遺作《ヤヌス》(1978,邦訳《ホロン革命》)に盛られている。…

※「ホロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホロンの関連キーワードホウスイミクロン精密カツロンシー・レップフロンテッジほていやホリカワエトーニューロング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホロンの関連情報