コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイエ foyer

5件 の用語解説(ホワイエの意味・用語解説を検索)

結婚式・ブライダル用語集の解説

ホワイエ

ホテル・劇場などの休憩室のこと。エントランスから続くホールまでの広い空間のことを指し、客の待ち合わせや休憩、社交の場として使われます。結婚式においては、挙式や結婚披露宴が始まるまでの待合場となることが多く、ここで親族やゲスト同士のコミュニケーションが行われます。この時、ウェルカムドリンクが振舞われることもあります。

出典|2story.net
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホワイエ(〈フランス〉foyer)

庁舎・病院などの、出入りの激しい建物の玄関・出入り口近くに広くとられる広間。客だまり。フォワイエ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

ホワイエ

住宅の入口から居間・寝室などの間に設けた広い空間をいう。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ホワイエ【foyer】

劇場・ホテルなどの休憩所。ロビー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ホワイエ【foyer〈フランス〉】

劇場やホールなどの施設で、出入り口とホール客席部分の間にある広間。開演前や休憩時間の歓談や休憩などに用いる。飲食スペースとつながることが多い。銀行やホテルの待ち合い・休息スペースなどもいう。[類語]ラウンジロビー◇「たまり場、団欒(だんらん)場」の意。「客だまり」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホワイエの関連キーワードカクテルラウンジフォワイエホテルマンラブホテル燕室バートラム・ホテルにて憩室症カバナカンファレンスホテルコンベンションホテル

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホワイエの関連情報