コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団欒 ダンラン

デジタル大辞泉の解説

だん‐らん【団×欒】

[名](スル)
月などがまるいこと。また、まるいもの。
集まって車座に座ること。まどい。
「三人して―して食った」〈花袋田舎教師
親しい者たちが集まって楽しく時を過ごすこと。「食後に家族が団欒する」
[補説]書名別項。→団欒

だんらん【団欒】[書名]

乃南アサによる短編ホラー小説、および同作を表題作とする小説集。作品集は平成6年(1994)刊行

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だんらん【団欒】

( 名 ) スル
〔「まるいこと」の意〕
人々が集まって楽しく語り合うこと。 「一家水いらずで-する」 「楽しい-の一時を過ごす」
集まって車座にすわること。円居まどい。 「サルンに集まる時などは-が大抵三つ位に分れて出来た/或る女 武郎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

団欒の関連キーワード春畑 セロリ:バッハ連弾パーティー/1 piano 4 hands団・團・壇・弾・彈・断・斷・暖・檀・段・男・談リビングキッチンGeorge円居る・団居るチムニー(旧)フランス人形何は無くともチベット文学霧島ロック安岡章太郎サモワール円居・団居坪倉由幸杉山裕之谷田部俊三浦哲郎一家団欒家族団欒家族の日

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

団欒の関連情報