ホワイトヘッド(読み)ほわいとへっど(英語表記)Robert Whitehead

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホワイトヘッド(Robert Whitehead)
ほわいとへっど
Robert Whitehead
(1823―1905)

イギリスの水雷発明家。ランカシャーのボルトンに生まれる。14歳のときマンチェスターの工場に徒弟となり、かたわら機械講習所に通い製図を修めた。ついでマルセイユの叔父の工場に勤めたのち、ミラノで独立し、1856年フィウメ工業会社を設立。1866年息子のジョンとフィウメで魚雷の考案を始め、改良を重ね、1889年に航続距離1000ヤード(約910メートル)で29ノット(時速約54キロメートル)の速度をもつまでになった。この魚雷にジャイロスコープが応用されて、ますます精鋭な武器となり、各国の海軍に採用された。ホワイトヘッド水雷の威力は、1904年旅順港で日本軍がロシア艦隊を攻撃したときに実証された。[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホワイトヘッドの関連情報