コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンホー(紅河)ハニ(哈尼)族イ(彜)族自治州 ホンホーハニぞくイぞくHonghe Hanizu Yizu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホンホー(紅河)ハニ(哈尼)族イ(彜)族〔自治州〕
ホンホーハニぞくイぞく
Honghe Hanizu Yizu

中国西南地方,ユンナン(雲南)省南部,ベトナムと境を接する自治州。1954年自治州となった。行政中心地はコーチウ(箇旧)市ホン川の上流ユワン(元)江が中央を北西から南東に流れる。高原地域であるが,ユワン江以西はアイラオシャン(哀牢山)山脈が延びて傾斜が比較的急であり,以東はカルスト地形を示し,小盆地が多い。農産物は米,トウモロコシのほかサトウキビ,ナンキンマメ,綿花,パイナップル,バナナ,コーヒーなど。地下資源としてはコーチウ市の世界最大といわれるスズ鉱床のほか,カイユワン(開遠)市シヤオロンタン(小竜潭)の石灰石がある。工業はコーチウ市にスズ精錬,化学工業が発達しているほか,機械,製糖,農機具,電池,化学肥料などがある。クンホー(昆河)鉄道と支線のコーピーシー(箇碧石)鉄道が通る。住民はハニ(哈尼)族イ(彝)族,漢族,ミヤオ(苗)族タイ族チワン(壮)族ヤオ(瑤)族ホイ(回)族。約 1300年前から続くアイラオシャン山脈斜面の階段耕作(棚田)が,2013年,ホンホー(紅河)ハニ(哈尼)棚田群の文化的景観として世界遺産の文化遺産に登録された。人口 365万5506(1990)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホンホー(紅河)ハニ(哈尼)族イ(彜)族自治州の関連キーワードハニ(哈尼)族

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android