コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホン川 ホンがわSong Hong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホン川
ホンがわ
Song Hong

ホンハ (紅河) ,あるいはソンコイ Song Coi川ともいう。中国ではユワン (元) 江。中国南部とベトナム北部を流れる川。中国のユンナン (雲南) 省ターリー (大理) 付近に源を発し,同省,次いでベトナム北部を南東方向に流れ,ハノイを経てバクボ (トンキン) 湾に注ぐ。全長約 1200km。主要支流は右岸のダ川,左岸のロ川。ビエッチより下流の沿岸一帯にこの川の氾濫で形成された広大なホン川デルタが広がる。このデルタは肥沃で,南部のメコン川デルタに次ぐベトナムの穀倉地帯であり,人口が稠密なことで知られる。ホン川の流水は 1m3あたり最高 3kgの泥土を含んでおり,しかも流れが山地から急に平地におりてよどむため,泥土の沈積が激しい。このため河床は高く,雨季にはハノイ付近で水面が水田よりも6~10mも高くなり,しばしば洪水を起す。なお紅河の名称はこの泥土の色にちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホン‐がわ〔‐がは〕【ホン川】

Hong》ベトナム北部の川。中国雲南省の山地に源を発し、ハノイを経てトンキン湾に注ぐ。全長1200キロ。鉄分を含む水の色から、紅河ともよばれる。旧称ソンコイ川

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ホンがわ【ホン川】

ソンコイ川の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホン川
ほんがわ
Song Hong

ベトナム北部を流れるソン・コイ川の別称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホン川の関連キーワードウェンシャン(文山)チワン(壮)族ミヤオ(苗)族自治州ホーコウ(河口)ヤオ(瑤)族自治県ユイシー(玉渓)地区スーマオ(思茅)地区ユワン(元)江トゥエンクアンホアンキエム湖ファンシパン山ロンビエン橋ハナムニン省タインホア省ハソンビン省ハジャン省ライチャウハイズオンタイビン省ハイフン省ラオカイ省ハイフォンバッチャン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android