コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイ Khvoy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイ
Khvoy

イラン北西部,西アゼルバイジャン州の都市。州都オルミエの北約 110kmに位置する。商業の中心地であるが,トルコアルメニアとの国境に近く,軍事的にも重要視されてきた。 19世紀に要塞化され,1911年にはトルコ軍,続いて 17年までロシア軍に占領された。広く整然とした町並みで,モスク,煉瓦建てのバザール,りっぱな隊商宿,公園などがあり,要塞は破壊されて残っていない。周辺は水利のよい農業地帯で,灌漑農業がきわめて進み,穀物と果物を産する。周囲の丘陵は樹木がなく,用材用としてポプラが栽培されている。人口 13万 7885 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホイの関連キーワードウェンシャン(文山)チワン(壮)族ミヤオ(苗)族自治州アパ(阿壩)チベット(蔵)族チャン(羌)族自治州ハイペイ(海北)チベット(蔵)族自治州ニンシヤ(寧夏)ホイ(回)族自治区ヒア・カムズ・ザ・レイン・アゲインシーツォイシャン(石嘴山)特別市ホーランシャン(賀蘭山)山脈ティエンシュイ(天水)特別市リウパンシャン(六盤山)山脈インチョワン(銀川)特別市イーピンラン(一平浪)クーユワン(固原)地区チュイチン(曲靖)地区リウチヤ(劉家)峡ダムチョンウェイ(中衛)県テンゲル(騰格里)砂漠ウーチョン(呉忠)市ハイトン(海東)地区インナン(銀南)地区イエンチー(塩池)県

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホイの関連情報