コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボアレーブ ボアレーブ Boylesve, René

2件 の用語解説(ボアレーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボアレーブ
ボアレーブ
Boylesve, René

[生]1867.4.14. ラエデカルト
[没]1926.1.14. パリ
フランスの小説家。地方の生活を繊細な観察力で描いた『マドモアゼルクロック』 Mademoiselle Cloque (1899) ,『ラ・ベケー』 La Becquée (1901) などのほかに,ユーモアと幻想的な感覚を発揮した作品『公園での愛のレッスン』 La Leçon d'amour dans un parc (02) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボアレーブ
ぼあれーぶ
Ren Boylesve
(1867―1926)

フランスの小説家。本名はRen Tardiveau。トゥーレーヌに生まれる。地方都市のブルジョア風俗『クロック嬢』Mademoiselle Cloque(1899)、激しい情熱の物語『エリーズ』(1909)、軽妙な『公園での恋の手ほどき』Leon d'amour dans un parc(1902)など多様な作品で知られるが、根底にはペシミスティックな人生観照がうかがわれる。また、伝統的小説手法から出発しながら、物語と批評との合体ともいうべき、プルーストにも通じる手法を夢想し、不十分ながら『ひと夜君がほしくて』Je vous ai dsire un soir(1925)などに実験を試みている。アカデミー会員。[小林 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボアレーブの関連キーワードカルラエでかでか出掛るデカルト主義アサヒ ドデカミン エナジーコーラ ワイルドエディションデカルトの規則嘉手苅《宇宙論》(デカルト)デカルトの問題デカルトの葉線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone