ボウ・ひとしい(漢字)

普及版 字通「ボウ・ひとしい(漢字)」の解説


8画

[字音] ボウ
[字訓] ひとしい

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(ぼう)。〔説文〕八上に「齊等なるなり」とあり、〔周礼、考工記、弓人、注〕に「均しきなり」、〔広雅、釈詁四〕に「齊しきなり」とみえる。〔方言、七〕に「(ぼうばく)」という語があり、〔管子、宙合〕の「」と同語で、勉強する意の語。「文(ぶんばく)」「強(びんきよう)」ともいう。

[訓義]
1. ひとしい、そろう、ならぶ。
2. したがう。
3. つとめる。

[古辞書の訓]
〔新字鏡〕 奈良不(ならぶ) 〔名義抄 ヒトシ・ナラブ・キラフ 〔字鏡集 ヒト・ヒトシ・ヒサシ・ナラブ・キラフ

[熟語]

[下接語]
・勢・敵・徳・力

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android