コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボギン(孛菫) ボギンbogin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボギン(孛菫)
ボギン
bogin

中国,代の女真部族長の称号。女真語で首長の意。各部族の長のボギンは多く世襲で,平時は自己の部族の行政,司法を司り,戦時には部族兵の多寡によって猛安 (千戸長) または謀克 (百戸長) の称号をおびて軍を指揮した。この軍事組織の猛安・謀克制が金の建国後,行政,軍事両機能を兼ねることになり,女真人がみなこれに属したため,ボギンの意味は失われ,結局単に家柄を表わす冠称にすぎなくなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android