コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女真 じょしん Nü-zhen; Nü-chên

5件 の用語解説(女真の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女真
じょしん
Nü-zhen; Nü-chên

女直ともいう。中国,東北地方 (満州) 東部に拠ったツングース系民族の 10世紀以後の名称。渤海国を建てた靺鞨 (まっかつ) 族の後身。渤海滅亡後朝に服属,以来女真といわれた。彼らは,遼東地方に拠り農業に従事し遼の戸籍に登録された熟女真,松花江流域に拠り狩猟と農業に従事し部族制を保って単に遼に統制された生女真に分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょしん〔ヂヨシン〕【女真】

中国東北地方東部から沿海州を原住地とするツングース系民族。10世紀以降遼(りょう)の支配を受けたが、1115年、完顔(ワンヤン)部の阿骨打(アクダ)が諸部族を統一してを建国。華北に進出して南宋と対峙(たいじ)したが、1234年、蒙古に滅ぼされた。末の17世紀には、建州女真ヌルハチ後金(のち)を建て、満州族による中国支配の基礎を築いた。女直。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

女真【じょしん】

中国東北の東部に10世紀以来史上に現れた民族。ツングース語系諸族に属する。12世紀,完顔(ワンヤン)部の阿骨打(アクダ)が民族を統一し,を建国。元代を経て明代には女直(じょちょく)と記され,建州(朝鮮の会寧付近)・海西(松花江流域)・野人(黒竜江下流域)の3種に分かれた。
→関連項目後金女真語刀伊の入寇万暦帝満州満州族

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じょしん【女真】

一〇世紀以降、中国東北地方東部に住んだ、狩猟・牧畜を主とするツングース系の民族。粛慎しゆくしん・靺鞨まつかつと同系統。一二世紀初め完顔ワンヤン部の阿骨打アクダが、遼から自立して金きんを建国、その系譜を引くヌルハチは一七世紀初め後金こうきん(のちに清朝に発展)を建てた。女直じよちよく

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女真
じょしん

10世紀初頭以後、史上に現れたツングース系民族。松花江(しょうかこう)、牡丹江(ぼたんこう)、黒竜江下流域、沿海州(現沿海地方)に分布していた。女直とも記されるが、女直は、遼(りょう)の興宗の諱(いみな)の宗真を避けて女直としたものとか、ジュルチンJurchin(女真)のn音の脱落した形などの説がある。唐代に勢力のあった黒水靺鞨(まっかつ)の後裔(こうえい)である。黒水靺鞨以外の靺鞨諸部は高句麗(こうくり)と渤海(ぼっかい)の支配を受けたが、黒水靺鞨は高句麗の支配を受けず、渤海の治下にあったことも明確ではない。黒水靺鞨は遼代には松花江、豆満江(とまんこう)流域、咸鏡(かんきょう)南・北道地方に発展し、遼と高麗(こうらい)に朝貢し、黒水女真、東女真とよばれた。これらの女真を生女真といい、遼の領土内に移され遼の戸籍につけられたものを熟女真という。遼の末期、生女真の完顔(ワンヤン)部が勢力を蓄えて発展し、阿骨打(アクダ)が諸部を統一し金(きん)国を建設し(1115)、遼を滅ぼした。金は華北を制覇し南宋(なんそう)と対立したが、1234年モンゴルに滅ぼされた。元代の女真は東北の森林地帯に散居し、合蘭(ごうらん)府水達達等路の管轄下にあった。明(みん)代では松花江流域に住む女真は海西女直、遼寧(りょうねい)省東部・吉林(きつりん)省東部・豆満江流域の女真は建州女直、牡丹江流域・黒竜江下流域・沿海州の女真は野人女直とよばれた。明国は黒竜江河口に奴児干(ヌルカン)都司を、遼陽に遼東都司を置いて女真諸衛を管轄した。17世紀初頭、建州女直からヌルハチが出て女真各部を統一し、後金(こうきん)国を建てた(1616)。明末清(しん)初の女真はJuen(女真人)と自称し、自らの集団をJuen国といったが、1635年10月、太宗ホンタイジがJuenと称することを禁じ満洲と称することにしてから女真の語は用いられなくなった。[河内良弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の女真の言及

【金】より

…女真(じよしん)Jürchin(女直(じよちよく)Jürchi)族の完顔(かんがん)部長の阿骨打(アクダ)が中国東北地方に建てた王朝。1115‐1234年。…

【ツングース語系諸族】より

…シベリア語群にはエベンキ語(ソロン方言を含む),ネギダール語,エベン語が含まれ,アムール下流語群にはナナイ語,ウリチ語,ウイルタ語,オロチ語,ウデヘ語が含まれる。一方,満州語群は満州語(シボ方言を含む)と女真語(死語)からなっている。 シベリア語群,アムール下流語群の諸語を使用する民族は,ソロン族を除いてほとんどがロシア領に居住する。…

【刀伊の入寇】より

…平安中期の1019年(寛仁3)3月末~4月に,いわゆる〈刀伊の賊〉が大宰府管内に侵入した事件。刀伊とは高麗が蛮族とくに女真を呼んだもの。女真は後に金を建国するツングース系民族で,沿海州地方に住み,狩猟・牧畜を行い,高麗の北辺に接し,海から高麗に侵入・略奪を行っていた。…

※「女真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

女真の関連キーワード杵屋六左衛門公領思潮十指に余る百寿一一〇番一口香きんさん・ぎんさん免罪符(贖宥状)一〇正宗

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女真の関連情報