ボグザ(英語表記)Bogza, Geo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボグザ
Bogza, Geo

[生]1908.2.6. プロイエシュチ
[没]1993.9.14
ルーマニアの詩人,ジャーナリスト。フランスのシュルレアリスムの洗礼を受けた前衛詩人として出発,のちに文学的ルポルタージュによって有名になった。代表作,詩集『性の日記』 Jurnal de sex (1930) ,『反抗と愛と死の歌』 Cîntec de revoltǎ,de dragoste şi moarte (1945) ,ルポルタージュ『オルト川の書』 Cartea Oltului (1940) ,『石の国』 Ţara de piatrǎ (1946) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボグザ
ぼぐざ
Geo Bogza
(1908―1993)

ルーマニアの作家、ジャーナリスト。1920年代末にシュルレアリスム派の詩人として活躍した。大胆な性的イメージを含む詩集『性の日誌』(1929)、そのほかの作品は発禁処分となった。1930~40年代には、広い社会的視野を備え、高い芸術性をもつルポルタージュを次々に発表し、新しい文学形式を確立した。『石油の世界』(1934)、『石の国』(1935)などはルポルタージュ文学の傑作である。[直野 敦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android