コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスカン・アルモガベル ボスカン・アルモガベルBoscán Almogáver, Juan

2件 の用語解説(ボスカン・アルモガベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスカン・アルモガベル
ボスカン・アルモガベル
Boscán Almogáver, Juan

[生]1490頃.バルセロナ
[没]1542.9.21. ペルピニャン
スペインの詩人。イタリアの新しい詩形をスペイン詩に移入,友人のガルシラーソ・デ・ラ・ベガをはじめとする同時代の詩人たちに大きな影響を与えた。カスティリオーネの『廷臣論』の翻訳でも名高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボスカン・アルモガベル
ぼすかんあるもがべる
Juan Boscn Almogver
(1487?―1542)

スペインの宮廷詩人。バルセロナに生まれ、同市に没。名前はカタルーニャ語の綴(つづ)りではJoan Bosc Almugverになる。国王カルロス1世(神聖ローマ帝国カール5世)の宮廷で文筆活動に従事、家庭の平和や肉親の情愛を歌った詩が多い。また宮廷内で詩人ガルシラソ・デ・ラ・ベガと親交をもち、互いに文学的な啓発をしあった。1526年、グラナダ滞在中にベネチア大使A・ナバジェロの勧めによりイタリア風の韻律詩(おもにソネット)を書き始め、ガルシラソとともにそれをスペインに普及させた。また、ガルシラソの指示によりイタリアのカスティリオーネの『宮廷人の書』をみごとなスペイン語に翻訳したことでも有名。[清水憲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボスカン・アルモガベルの関連キーワード概数文書偽造罪足利義稙慈照寺ミドル級花城アリナ宣誓市町村長宣誓知事

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone