コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスカン・アルモガベル ボスカン・アルモガベル Boscán Almogáver, Juan

2件 の用語解説(ボスカン・アルモガベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスカン・アルモガベル
ボスカン・アルモガベル
Boscán Almogáver, Juan

[生]1490頃.バルセロナ
[没]1542.9.21. ペルピニャン
スペインの詩人。イタリアの新しい詩形をスペイン詩に移入,友人のガルシラーソ・デ・ラ・ベガをはじめとする同時代の詩人たちに大きな影響を与えた。カスティリオーネの『廷臣論』の翻訳でも名高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボスカン・アルモガベル
ぼすかんあるもがべる
Juan Boscn Almogver
(1487?―1542)

スペインの宮廷詩人。バルセロナに生まれ、同市に没。名前はカタルーニャ語の綴(つづ)りではJoan Bosc Almugverになる。国王カルロス1世(神聖ローマ帝国カール5世)の宮廷で文筆活動に従事、家庭の平和や肉親の情愛を歌った詩が多い。また宮廷内で詩人ガルシラソ・デ・ラ・ベガと親交をもち、互いに文学的な啓発をしあった。1526年、グラナダ滞在中にベネチア大使A・ナバジェロの勧めによりイタリア風の韻律詩(おもにソネット)を書き始め、ガルシラソとともにそれをスペインに普及させた。また、ガルシラソの指示によりイタリアのカスティリオーネの『宮廷人の書』をみごとなスペイン語に翻訳したことでも有名。[清水憲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボスカン・アルモガベルの関連キーワードバルセロナ大聖堂バルセロネータバルセロナプロセスバルセロナタワーバルセロナマラソン追憶のバルセロナバルセロナ・バレエ団バルセロナチェアバルセロナ大学バルセロナ伯国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone