コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスコップ頭骨 ボスコップとうこつBoskop skull

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスコップ頭骨
ボスコップとうこつ
Boskop skull

1913年に南アフリカ共和国トランスバール州のポチェフストルーム地区ボスコップ村の耕地で発掘された新人類頭骨化石。約 1.5mの地下のラテライト質の層から最初頭蓋冠の断片,翌年には下顎骨の左半分と四肢が発見された。年代層は更新世後期,中期石器時代と考えられている。頭蓋冠の厚さは6~13mmで容量は約 1800cm3と推定され,頭骨の長さは 205mm,幅は 150mmである。サン族らの祖型とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボスコップ頭骨の関連キーワード牧野省三カフカセネット[各個指定]芸能部門デトリングチームⅩネグリチュードバルカン戦争バレーボールマケドニア共和国

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android