コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボストーク基地 ボストークきちVostok nauchnyi stantsiya

4件 の用語解説(ボストーク基地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボストーク基地
ボストークきち
Vostok nauchnyi stantsiya

南極大陸の内陸部,地磁気南極にある旧ソ連の観測基地。南緯 78°28′,東経 106°48′,標高 3488mの氷原上に位置する。 1957年の設営以来,各種の貴重な資料を供給するほか,内陸踏査旅行の補給基地としても重要。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボストーク‐きち【ボストーク基地】

Vostok Station》南極大陸にあるロシアの観測基地。1957年に開設。南緯78度28分、東経106度48分、標高3488メートルに位置する。1970年代に氷床コアの掘削を開始し、1998年に3600メートル以上の掘削に成功。その直下にボストーク湖とよばれる世界最大の氷底湖がある。1983年に当時の地上最低気温マイナス89.2度を記録した。ウォストーク基地

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボストーク基地【ボストークきち】

ロシアの南極観測基地。1957年開設。到達不能極南極大陸でどの海岸からも一番遠い点)近傍,南緯78°28′,東経106°49′,標高3488m。1983年に−89.2℃の地上最低気温を記録。
→関連項目寒極

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボストーク基地の関連情報