ボティチェリ(英語表記)Botticelli, Sandro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボティチェリ
Botticelli, Sandro

[生]1445. フィレンツェ
[没]1510.5.17. フィレンツェ
イタリアの画家。本名 Alessandro di Mariano Filipepi。ルネサンス期を代表する画家の一人で,フラ・フィリッポ・リッピに師事したといわれる。早くからメディチ家を中心とする人文主義者たちに迎えられ,1470年代にはメディチ家の人々や自身も画中に配した『東方三博士の礼拝』(1476頃,ウフィツィ美術館)や新プラトン派(→新プラトン主義)の影響のみられる『春』(1478頃,同)などを描いた。1481~82年にはバチカン宮殿のシスティナ礼拝堂の装飾のためにローマに滞在。その後は写実にとらわれない独自の画風を展開し,『ビーナスの誕生』(1485頃,同)や『聖告』(1489,同)などを描いたが,晩年はドミニコ会会士ジロラモ・サボナローラの信奉者となった。(→ルネサンス美術

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android