コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボティチェリ Botticelli, Sandro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボティチェリ
Botticelli, Sandro

[生]1445. フィレンツェ
[没]1510.5.17. フィレンツェ
イタリアの画家。本名 Alessandro di Mariano Filipepi。ルネサンス期を代表する画家の一人で,フラ・フィリッポ・リッピに師事したといわれる。早くからメディチ家を中心とする人文主義者たちに迎えられ,1470年代にはメディチ家の人々や自身も画中に配した『東方三博士の礼拝』(1476頃,ウフィツィ美術館)や新プラトン派(→新プラトン主義)の影響のみられる『春』(1478頃,同)などを描いた。1481~82年にはバチカン宮殿のシスティナ礼拝堂の装飾のためにローマに滞在。その後は写実にとらわれない独自の画風を展開し,『ビーナスの誕生』(1485頃,同)や『聖告』(1489,同)などを描いたが,晩年はドミニコ会会士ジロラモ・サボナローラの信奉者となった。(→ルネサンス美術

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボティチェリの関連キーワードフィレンツェ・アカデミア美術館ポルディ・ペッツォーリ美術館シュテーデル美術研究所ケルビングローブ博物館アカデミア・カラーラプーシキン国立美術館ジェームズホタテガイバーン=ジョーンズボルゲーゼ美術館クァトロチェントギルランダイオボッティチーニフィレンツェ派イタリア美術テンペラ画カッソーネペルジーノ矢代幸雄

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android