聖告(読み)せいこく

百科事典マイペディア「聖告」の解説

聖告【せいこく】

お告げ〉〈受胎告知〉ともいい,英語ではAnnunciation。天使ガブリエルが処女マリアに,神のひとり子たるイエス・キリストを懐胎・出産することを告げたこと(《ルカによる福音書》1:26〜38)。祝日は3月25日。S.マルティーニフラ・アンジェリコらの傑作ほか作例多数。
→関連項目ガブリエル奇跡ボヤナ教会ロセッティ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「聖告」の解説

せい‐こく【聖告】

〘名〙 キリスト教で、天使ガブリエルが処女マリアにむかってしたキリスト受胎の告知をいう。また、その光景を描いたキリスト教絵画。受胎告知。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「聖告」の解説

せいこく【聖告 Annunciation】

大天使ガブリエルが神からつかわされて,ナザレの一処女マリアのもとに現れ,彼女が救世主(メシア)を産むこと(処女降誕)を告げる場面。〈受胎告知〉〈お告げ〉ともいう。《ルカによる福音書》1章26~38節に記される。〈御使がマリアのところにきて言った,“恵まれた女よ,おめでとう,があなたと共におられます。……あなたはみごもって男の子を産むでしょう。その子をイエスと名づけなさい”〉。この言葉にマリアははじめ不審に思うが,やがて答えて言う,〈“わたしは主のはしためです。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android