コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボヤーレ boyare

世界大百科事典 第2版の解説

ボヤーレ【boyare】

ロシアのピョートル1世以前(10~17世紀)の貴族身分で,公身分(クニャージ)につぐ最上位の社会階層。単数形ボヤーリンboyarin,英語ではボヤールboyar。語源については,(1)スラブ語の戦士boi,(2)スカンジナビア諸語の市民・廷臣boearmen,(3)トルコ語の貴人bajar,(4)ブルガール語の主人balerinなどに求める諸説があって定説をみないが,(1)(3)が有力。 キエフ時代(10~11世紀)には2種類のボヤーレ層が存在したといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のボヤーレの言及

【モスクワ・ロシア】より

…またこの時期,大公の統治権や系譜をビザンティン帝国や古代ローマの皇帝に由来させる伝説が生まれ,内外に大公の権威を示すため〈モノマフの帽子〉や紋章としての〈双頭の鷲〉が使われ始め,〈モスクワ・第三ローマ〉論なども説かれた。しかし諸公の多くは先祖伝来の領地でなお半ば独立の存在であり,彼らとモスクワ譜代の貴族(ボヤーレ)が貴族会議を構成して大公権を制約し,文武の高官,代官の職も独占した。郡と郷(ボロスチ)の代官は住民から,租税と裁判手数料のほかみずからの扶持(コルム)をも徴収し,住民団体としばしば紛争をおこしていた。…

※「ボヤーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボヤーレの関連キーワードイワン[4世]モロゾフ家

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android