コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボラピュク語 ボラピュクごVolapük

翻訳|Volapük

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボラピュク語
ボラピュクご
Volapük

1880年にドイツの司祭 J.シュライアーが提唱した人工国際語。語彙の多くを英語とロマンス語派の諸言語とからとっているが,音声的には非常に変形している。たとえば Volapükの名も英語の world (世界) と speak (話す) に由来し,「世界の言葉」の意。考案当時は急速に支持を集めたが,支持者間の不一致や,エスペラントなど他の人工語の出現のため,衰退するのもまた早かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボラピュク語の関連キーワード紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ブラウン地獄の門明治維新オランダ文学オーストラリア・ニュージーランド文学ソロビヨフ(Vladimir Sergeevich Solov'yov)ゾラドボルザーク(Antonín Dvořák)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android