コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボリビア革命 ボリビアかくめいLa revolución boliviana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボリビア革命
ボリビアかくめい
La revolución boliviana

1952年にボリビアで起った革命。ラテンアメリカでの重要な社会革命の1つ。 52年4月ラパスその他の諸都市での武装蜂起で軍事政権は崩壊し,民族革命運動 MNRの指導者 V.パス・エステンソロが大統領として迎えられ革命政権が成立した。パス・エステンソロ政権は 52~53年旧体制の打破と革命政権の維持を目指して,三大スズ鉱山の国有化,普通選挙法の制定,土地改革,旧軍隊の解体の四大改革を行なった。財政赤字や未曾有のインフレといった経済的難局を切抜けるために穏健な対外政策をとりアメリカ合衆国政府や国際通貨基金 IMFとの決裂を避けた。 1950年代末には労働者の間で政府の政策に対する不満が増大し,64年大統領選挙を前に鉱山労働者の指導者 J.レチンが民族革命運動を脱退,国民左翼革命党を結成するなど,民族革命運動の内部分裂が進んだ。労働者の反政府ストやデモの頻発を前にパス・エステンソロ政府は,1953年に再建され 60年代にアメリカの援助で近代化された軍に協力を求めた。軍の指導者 R.バリエントス・イ・オルトゥニョ将軍はいったん政府に協力したが,64年 11月軍事クーデターでパス・エステンソロを追放し,12年間続いたパス・エステンソロ政権は崩壊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のボリビア革命の言及

【パス・エステンソロ】より

…亡命中もMNRを指導し51年の大統領選で当選。52年アルゼンチンに滞在したまま軍事政権打倒のクーデタ(ボリビア革命)を指導し成功させる。同年4月MNR革命政権の大統領に就任する。…

【ボリビア】より

…このため,政治に対する国民の意識の乏しさも手伝って,国民諸政治勢力のバランスはつねに不安定で,文民支配・民主政治の維持は困難であった。1952年より64年までボリビア革命を率いた民族主義的な政党,国民革命運動(MNR)による文民支配があったが,64年以後82年まで,わずかの例外を除いて軍部の支配下にあり,かつ軍部内の対立を反映してクーデタが相次いだ。 保守派のバンセル軍政の後1978年に始まった民主化プロセスでは,3回の大統領選挙と5回のクーデタという混乱をきたしたが,82年10月に民政移管が実現した。…

※「ボリビア革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボリビア革命の関連キーワードドブレ(Régis Debray)民族革命運動[ボリビア]パス・エステンソロサンタ・クルスサンタ・クルスボリビア史ムリリョ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボリビア革命の関連情報