コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボレスワフ3世(唇曲王) ボレスワフさんせい[しんきょくおう]Bolesław III, Krzywousty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボレスワフ3世(唇曲王)
ボレスワフさんせい[しんきょくおう]
Bolesław III, Krzywousty

[生]1085.8.20.
[没]1138.10.28.
ポーランド王 (在位 1102~38) 。地方勢力の中心をなした代官シェチェフの子。兄ズビグニェフとの王位争奪と並んでポモージェ地方の征服などで国家統合を推進。 1109年神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世軍とシロンスク (シュレジエン) 地方で対戦し国土防衛にも貢献した。しかしハンガリーおよびボヘミアとの紛争を収拾できず,西ポモージェの支配権はボヘミアに奪われた。 38年分権派の勢力に妥協して,遺書により4子に領土を分割相続させた。その結果 12~14世紀における国家分裂時代の道を開いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボレスワフ3世(唇曲王)の関連キーワードカジミエシ2世(公正王)マゾフシェピアスト朝クヤウィ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android