シュレジエン(英語表記)Schlesien; Silesia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュレジエン
Schlesien; Silesia

シレジアとも呼ばれる。中部ヨーロッパのオーデル川上・中流域の地名。現在大半はポーランド領 (ポーランド名シロンスク) で,一部はチェコ領。山がちだがオーデル河畔の低地は肥沃で,農業,牧畜などが盛ん。地下資源も豊かで,石炭,鉄鉱,亜鉛などを産出するので,歴史上常に紛争の中心であった。地名はバンダル族の一部族名に由来しているが,中世以来ボヘミア,ポーランドの勢力下にあった。しかし 12世紀以後ドイツ人の入植が盛んになり,急速にドイツ化した。ウロツワフ (ブレスラウ) はドイツ人の建設した都市で,ハンザ同盟にも加わり,商業の中心であった。 16世紀からはボヘミアとともにオーストリアのハプスブルク家の支配下におかれたが,18世紀オーストリア継承戦争の際,プロシアのフリードリヒ2世が侵入,オーストリアの数次にわたる奪回の意図もむなしく,プロシア領となった。 19世紀後半には商工業が発展し,プロシアで最も富裕な地となった。第1次世界大戦後の 1921年その帰属を決めるため,ベルサイユ条約に基づく人民投票が行われ,住民の過半がドイツへの帰属を希望したが,上シュレジエンはポーランドに帰属することになり,ドイツ人を憤慨させた。第2次世界大戦の結果オーデル川,ナイセ川の線が国境とされシュレジエンの大半はポーランド領となった。 50年東ドイツが,70年には西ドイツ政府もこれを承認した。今日,シュレジエンはポーランド重工業の中心となり,ポーランド全体の 50%以上の鉄鋼を生産,また各種の化学工業も発展している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

シュレジエン【Schlesien】

ポーランド南西部、オーデル川の上流地方。中心都市ブロツワフ。重化学工業が発達。鉄・石炭の資源を有するため、中世以来、東欧諸国がその帰属をめぐって争った。シュレジエンはドイツ語名。ポーランド語名シロンスク。英語名シレジア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のシュレジエンの言及

【シロンスク】より

…ドイツ文化圏で発展した地方で,その影響は都市の建造物その他にうかがわれる。ドイツ名はシュレジエンSchlesien,英語ではシレジアSilesia。 地形的には,南はズデーテン山地とベスキド山地を境とし,東はクラクフ・チェンストホバ高地によってガリツィア地方に接する。…

※「シュレジエン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android