コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲宗[宋] てっそう[そう]Zhe-zong; Chê-tsung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

哲宗[宋]
てっそう[そう]
Zhe-zong; Chê-tsung

[生]煕寧9(1076).12.7. 開封
[没]元符3(1100).1.12. 開封
中国,北宋の第7代皇帝 (在位 1085~1100) 。姓名は趙煦。初名は傭。元豊8 (1085) 年 10歳で皇太子となり,その年即位したが,年少のため高太皇太后 (第5代英宗の皇后) が摂政となり,これは太后が没するまでその後9年間続いた。この間,司馬光旧法党の人物が用いられ,新法党は追われたが,高太皇太后が元祐8 (93) 年に死んで哲宗親政となると,今度は新法党が復活し,旧法党を弾圧した。哲宗の時代は新旧両党の抗争交代によって国力が弱体化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

哲宗[宋]の関連キーワード北宋初名

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android