コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルワーン朝 マルワーンちょうMarwān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルワーン朝
マルワーンちょう
Marwān

トルコ東部,ディヤルバクル地方にあったクルド系のイスラム王朝 (983頃~1085) 。西アジアで強勢であったブワイフ朝アズド・ウッダウラの死後,ディヤルバクルのクルド人の長であったバーズ (在位 983頃~990) が自立して建てた王朝。第3代君主イブン・マルワーン (在位 1011~61) の時代がその最盛期で,アッバース朝カリフに忠誠を誓う一方でファーティマ朝のカリフにもよしみを通じ,ビザンチン帝国の皇帝ともまた友好関係を保持して独立を保った。彼の死後,王朝は分裂し,1085年にセルジューク朝に征服された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルワーンちょう【マルワーン朝 Marwān】

アーミド(現,トルコ領ディヤルバクル)を中心に,南東アナトリアを支配したクルド系王朝。983‐1085年。遊牧クルドの族長バーズBādhは,ブワイフ朝の衰退に乗じて,アーミドヌサイビン,マイヤーファーリキーン(現,シルワーン)を占領し,王朝を開き,さらに軍を進めてバグダードをも脅かした。11世紀初めより約50年にわたって支配した4代目のナスル・アッダウラNaṣr al‐Dawlaは,ビザンティン帝国やエジプトのファーティマ朝との関係を維持する一方,ハムダーン朝と戦い,マラーズギルド,アフラート,ヒスン・カイファ(現,ハサンケイフ)にも勢力を拡大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマルワーン朝の言及

【マルワーン家】より

… 子のアブド・アルマリク‘Abd al‐Malik(在位685‐705)は第5代カリフとして父の事業を継承し,第2次内乱を終結させウマイヤ朝存亡の危機を救った。第8代のウマル2世と第14代のマルワーン2世を除くと,すべてアブド・アルマリクの子孫がカリフ位を継承したが,その2者ともマルワーンの子孫であるので,マルワーン以後のウマイヤ朝をスフヤーン家出身の前3代と対照的にマルワーン朝と呼んでさしつかえない。ワリード1世以後,マルワーン家の者同士がカリフ位を巡って敵対し,同家の団結力が衰え,これがウマイヤ朝滅亡の一因となった。…

※「マルワーン朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マルワーン朝の関連キーワードマリク・シャーマリク・シャージャジーラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android