コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロンスク Śląsk

デジタル大辞泉の解説

シロンスク(Śląsk)

ポーランド南西部を主とし、ドイツ・チェコの一部にまたがる地域。石炭・鉄鉱亜鉛などの産地で、工業が発達。ドイツ語名、シュレジエン。英語名、シレジア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シロンスク

ポーランド南西部,オドラ川の上・中流域から一部チェコに至る地域の地方名。ドイツ名はシュレジエンSchlesien,チェコ名はスレスコSlezsko,英語名はシレジアSilesia。
→関連項目アウシュビッツグリビツェザブジェソスノビエツチェンストホバビトムホジュフポーランドレグニツァ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シロンスク【Śląsk】

ポーランド南西部,オーデル(オドラ)川上・中流に広がる地方名。ポーランド経済,とくに鉱工業の大中心地。シロンスクの大部分はポーランドに属するが,一部はチェコスロバキア領となっている。チェコ名はスレスコSlezsko。ドイツ文化圏で発展した地方で,その影響は都市の建造物その他にうかがわれる。ドイツ名はシュレジエンSchlesien,英語ではシレジアSilesia。 地形的には,南はズデーテン山地とベスキド山地を境とし,東はクラクフ・チェンストホバ高地によってガリツィア地方に接する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロンスク

シュレジエン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロンスク
しろんすく
lsk

ポーランド南西部、オドラ(オーデル)川中・上流に広がる地方名。大部分はポーランドに属するが、一部はチェコ領で、チェコ語名をスレスコSlezskoという。英語名をシレジアSilesia、ドイツ語名をシュレージエンSchlesienといい、第一次世界大戦まではドイツ領であった。ドイツ文化の影響下に発展したようすは、都市の建造物などにもうかがわれる。南はスデティ山脈とベスキド山脈を境界とし、東はクラクフ・チェンストホバ高地によってガリツィア地方に接する。ブロツワフブレスラウ)を中心とする下シロンスクは、肥沃(ひよく)なオドラ川中流域の平野とスデティ山脈の北斜面からなり、ジャガイモ、小麦、大麦、ビート(サトウダイコン)などを産し、畜産も盛んである。カトビーツェを核とする上シロンスク工業地帯は、19世紀末以来、炭田開発が急速に進み、鉄鉱石、亜鉛などの豊富な資源を基礎に重要な工業地域に成長した。第二次大戦後、上シロンスクの工業都市アグロメレーション(集積地域)は、つねにポーランド経済にもっとも重要な役割を果たしている。[山本 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シロンスクの関連キーワードドンブロワグルニチャジェローナ・グーライェレニャ・グーラルーダ・シロンスカビエルスコ・ビアワハンス クードリヒビエルコポルスカシュレジエン戦争イェレニャ・グラジェロナ・グラオーデル[川]シロンスク炭田カトウィツェグリビーツェグリウィツェレグニーツァキップハルトカトビーツェカトビツェウロツワフ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android