コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンゴ山地 ボンゴサンチ

デジタル大辞泉の解説

ボンゴ‐さんち【ボンゴ山地】

Massif des Bongo》アフリカ中部、中央アフリカ共和国北東部からスーダン国境近くまで広がる山地。最高峰はガウラー山(標高1275メートル)。シャリ川水系、ウバンギ川水系の源流がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボンゴ山地
ぼんごさんち
Massif de Bongo

アフリカ中部、中央アフリカ共和国北東部からスーダン国境にまたがる山地。モンゴスMongos山地ともいう。最高峰ガウラー山(1275メートル)。北西斜面のシャリ川水系はチャド湖に注ぎ、南斜面のウバンギ水系はコンゴ川の、東流する河川はナイル川の支流をなす。バンダ諸族が穀類の栽培を行っている。野生味あふれる動物保護区がある。[中村和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボンゴ山地の関連キーワードマノヴォマノボグンダサンフローリス国立公園バンバリ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android