コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物保護区 どうぶつほごく

世界大百科事典 第2版の解説

どうぶつほごく【動物保護区】

野生動物を保護するために特定の区域を定め,その中での狩猟,開発,そのほか保護すべき動物の保全育成に支障をきたすような行為を,禁止または制限した地域(自然環境)をいう。一般に国立公園は動物保護区としての機能をもつものが多いが,国によって事情は異なる。アメリカカナダの国立公園は景観の保護と動物保護を兼ねているのに対し,イギリスではもっぱら景観保護に重点があり,動物の保護には別に自然保護区が設けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

動物保護区の関連キーワードシュルシュルウエウンフォロージ公園セントラルカラハリ動物保護区クルーガーズドープ動物保護区アウクシタイティヤ国立公園ロートン(アメリカ合衆国)エルクアイランド国立公園ヒールズビル野生動物公園ドンヤイ野生生物保護区オーキフェノーキー湿地中央カラハリ動物保護区ショウマリ自然保護区リティディアンビーチハボローネ動物保護区セルーゲームリザーブマナス野生動物保護区モレミゲームリザーブオカバンゴデルタセルー動物保護区モレミ動物保護区アカゲラ国立公園

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物保護区の関連情報