コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボントク族 ボントクぞくBontok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボントク族
ボントクぞく
Bontok

フィリピンルソン島北部マウンテンプロビンス州の山岳地帯,チコ川上流部一帯に居住する民族。棚田(→階段耕作)による水稲栽培を生業とし,丘陵ではタロイモその他の根茎類を栽培。形質上の特徴は短頭,直毛,比較的低身長で,服装はかつて男子は裸,女子は腰布のみで,首狩りの習俗をもつ民族として恐れられていた。言語はオーストロネシア語族に属するが,文化的には,巨石文化,あるいは初期金属器文化の影響が大きい。平均 1000人程度が村落に居住し,聖樹や男子集会所などの祭場をもつ。勲功祭宴による動物供犠(→犠牲)が盛んに行なわれる。成人式で男女とも入墨を施し,ルマウィグという文化英雄を信じ,作物の予祝・豊穣儀礼には若者組による模擬戦を行なう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone