コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーメ比重計 ボーメヒジュウケイ

3件 の用語解説(ボーメ比重計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボーメ‐ひじゅうけい〔‐ヒヂユウケイ〕【ボーメ比重計】

浮き秤(ばかり)の一。フランスの化学者ボーメ(A.Baumé)が1766年にアルコールの濃度を決定するために考案。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボーメ比重計【ボーメひじゅうけい】

液体の比重測定に用いられる浮秤の一種で,ボーメ度を目盛ったもの。目盛が等間隔になるのが特徴で,化学工業に広く利用される。フランスのボーメ〔1728-1804〕の考案に由来し,彼は重液用の目盛として食塩の15%溶液を15ボーメ度,純水を0ボーメ度としてその間を15等分し,軽液用には食塩の10%溶液を0ボーメ度,純水を10ボーメ度としてその間を10等分した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ボーメ比重計

 食塩の濃度を測定するための浮きはかり.10%食塩水を0度,純水を10度としてその間を10等分する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーメ比重計の関連キーワードAPI度比重瓶軟鋼浮秤水秤アスペルギルス属イエウサギ水中体重測定法プラスチックビーズ法比重てんびん(比重天秤)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone